髪の毛を増やすために良いサプリメント。


これは、いくつかあります。

食生活の変化により今の日本の食事では、髪の毛を育成するに必要な栄養素が満足にとれませんから、サプリメントなどで、補うことにすべきです。

発毛によいサプリメントをとる時間は、食事の補完ということから、食事をした後が最適なのです。

飲むときは水かぬるま湯で飲むのが基本ですが、サプリメントの内容によりプーアール茶がよいものが育毛関連では、あります。

具体的には「スピルリナ」は髪の毛を育てる重要なサプリメントなのです。

スピルリナを摂取するときは、暖かいプーアール茶などがよく、冷たい水はよくないというのが、私の感覚です。

発毛サプリメントをどのくらいの量をとればよいのか?

日本人は所要量またはその2倍が普通ということです。

アメリカでは5倍あるいは許容限度まで飲むことが多いという話を聞いたことがあります。

私自身のサプリメントの接種方法はアメリカ並みで育毛関連サプリメントは大量摂取をしています。

私は責任が持てないのであなたには、オススメしません。

私はスピルリナの大量摂取で、髪を急速に増やした実績があるのですが、ビタミン系のサプリメントなどは大量にはとりませんでした。

他にも大量摂取しているサプリメントとしては、レシチンも非常に効果が実感できた育毛効果のあるサプリメントといえます。

効くか効かないか、どのくらいの期間サプリメントをのむのかというと、1〜3か月試して効果がないなら継続する必要はない思います。


髪の毛はすぐには効果が反映されませが、「なんとなく」髪の毛の変化というものは感じられると思うのです。

ハゲ、白髪には、ビタミンA,B群、E,亜鉛、鉄。

ハゲ抑制効果はビタミンA,B群。

育毛効果は亜鉛と鉄。

頭皮の血行改善はビタミンE。

育毛・発毛には葉酸、亜鉛、鉄などが有効なのです。

他にも参考となるのが、ストレスに効くサプリメント類です。

セントジョーンズワートなどは、気持が「うつ」に近付いているときに、明るい気持ちにする効能があります。

明るい気持ちでないと、なかなか髪の毛は生えてきませんのでね。

薄毛・抜け毛によるストレスをなくしましょう。

ストレスがなくなると、髪は元気になります。

ストレスに効くのは、セントジョーンズワートのほか、ビタミンB1、ビタミンC、カルシュウム、マグネシュウムなど。

これらの「気分」に関与するサプリメントを摂取し、薄毛のストレスが軽減されれば、情緒不安もなくなるわけです。

他にも、目が疲れる人用のサプリメントも育毛に効果的なのです。

目の疲労はハゲ、薄毛と密接な関連があります。

目に効くのは、ビタミンA,B群とCで、特にAは、目のビタミンと呼ばれているのです。

ビタミン剤については、薄毛対策のためだけでなく、体全体にとってよいものと考えて、積極的に補給したいものです。

ビタミンEは20年以上前から、飲んでいます。髪の毛の育成に最も効果のあるビタミンは「E」だという実感です。

育毛と若返りの効果はビタミンEにあります。